WAKI'S WORKSブログ   日々のつぶやき・・・


by calder01
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

笑顔で・・・

今年5月、知り合いのクラフト作家のYさんが亡くなりました。
おととい、ようやくご自宅のほうへお線香をあげに行くことができました。お部屋に入るとYさんは沢山のご自分の作品に囲まれて嬉しそうに笑っていました。




はじめにガンで入院しているという報告をうけてから,昨年の5月には舌ガンの手術を終え、日立のイベントにも参加してくださいました。夜の飲み会では、丁度誕生日と重なりみんなでお祝いしたり、舌の腫瘍部分を除去したため、しゃべりにくそうではありましたが、やはりしゃべれること自体がうれしかったのでしょう、いつもよりも饒舌にしゃべっていた様子が思い出されます。
第1回上野アート楽市で隣同士になってからというもの、年数回出ているいろんなイベントで一緒になることが多く、下手をすると普通の友達よりずっと会う機会が多かったような気がします。
木を彫って作られる人、犬、猫、熊、たけのこ他にもいろいろ。木以外にも陶芸や金属を組み合わせてみたりといろいろな素材を使っても、どこか懐かしさを感じさせる独特の作風はとっても素敵でした。
いつも一緒にイベントに参加していた奥様も寂しくなるのでもう残ってる作品は売らないとの事。そのかわり、亡くなる間際まで、奥様でもつくれるようなものをとたくさんのスケッチを残していったそうです。みせてもらったそのスケッチはなぜか後半になるほど力強いタッチに変わっていきました。ほんとうに作家らしい最期だったんだなとおもいました。
これからは少しずつでも奥様がその作品を作って、そのうちまたイベントに出展していくつもりだとのことです。スケッチに残っていた奥様へのメッセージ”you can do it!” ”君ならできる!”の文字。
私も待ってます。また一緒にイベント出展しましょうね!
[PR]
by calder01 | 2006-07-16 14:09 | ひとりごと