WAKI'S WORKSブログ   日々のつぶやき・・・


by calder01
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

そうだ 京都、行こう。 ~祇園祭・山鉾巡行~

f0082561_159466.jpg

いよいよメインの山鉾巡行のはじまり~



スタートは朝の9時から。
見所は「しめ縄切り」「くじ改め」「辻まわし」を行う3箇所。

私達も朝の8時半くらいには到着し
これから巡行準備中の鉾達を眺めつつ
1番はじめの「辻まわし」が行われる場所へ。
そこにはすでに大勢の人が待っていました。

実際その場所に1番目の山鉾が来るのは
約1時間後。。。
結構つらかったけど
これが最初で最後かも、と
いつもよりは頑張りました。。。

「辻まわし」とは大きな山鉾の車輪の下に
割り竹や棒を敷き、水をかけ、横から引っ張って
方向転換するというもの。

スタートしたと言う情報から
大体予定通りの9時50分頃
建物の影から山鉾の姿が現れたときには
まるで舞台袖からジャンボマックス(古い?)が
ようやく現れた時のような気持だ。。。(どんな気持ちだぁ?)

巡行の順番は事前にくじ引きで決めるのだが
1番目の長刀鉾(なぎなたほこ)は毎年「くじ取らず」として
必ず巡行の先頭を行くのだ。

「辻まわし」がはじまり
山鉾が掛け声とともに向きをかえるたびに観客も「おぉ~」と。。。
結局20分ほどかけて
3回目ぐらいにようやく90度向きを変えることができました。

角を曲がり終えると
鉾の上で囃される”コンチキチン”の音は一層、熱がこもり
更に巡行は続くのでした。。。




f0082561_15102129.jpg

長刀鉾にだけは人間の稚児さんが乗っているのです。他は人形稚児



f0082561_15113224.jpg

あとからゆっくりと大小様々な鉾の巡行が続きます。



f0082561_151418100.jpg




f0082561_15143212.jpg




f0082561_1515050.jpg




f0082561_15211166.jpg




f0082561_15165249.jpg

「船鉾(ふねぼこ)」 日本書紀にでてくる船が題材になってるらしい。




f0082561_15172144.jpg

全員外人さんの山
三大祭とはいえ、最近は大学の試験などが重なり曳き手等の確保が難しくなっているらしくボランティア団体などに人材確保をお願いしてるらしい。
しかし、一つの山鉾を外国人だけに任せるのはこれがはじめてだそう。
25人12ヶ国からの参加。




f0082561_15181431.jpg




山鉾を豪華に飾っている装飾品も見事
エジプト、ギリシャ、ベルギー等いろいろな国からのタペストリーで
飾られていて以外にもこちらも国際色豊かだった。
この豪華さ、私のツボにはまりました。。。

f0082561_15185833.jpg




f0082561_15191641.jpg




f0082561_15193330.jpg





どちらかといえば
全体的に静かな感じで
青森のねぶた祭りや岸和田の地車祭(だんじり)
のような派手さはないので
じっとして見てると、さすがに暑さで疲れてきて
5つほどの鉾の辻まわしをみたところでリタイアしました。

実は京都人である旦那でさえ
宵山は行ったことがあるけど
メインの巡行を見るのは初めてとの事。

若いときは夜店で焼きそばとかお好み焼きとか食べる方が
メインだもんね。。。
[PR]
by calder01 | 2008-07-28 16:45 | ひとりごと